真夏の夜の床オナ考察 

※今回の記事は18歳未満の良い子には推奨できませんので、くるりと踵を返してスマブラでもやっててね。

どもんす、やっしーです。
以前Twitterにて記事ネタを募集したところ「床オナ」大変ストレートな下ネタリプライがきたので考察してみます。
こういうリプを考えるような頭になったら負けですね。

ちなみに私は自分で言うのもなんですが性欲がほぼありません。
でもエロゲはやるし同人誌も読みます。
ようするにむっつり的な奴なんですが、ましてそんな人間が床オナだなんてしたことがありません。
なんだよ床オナって、っていうわけで単語から入っていきます。

床オナとは何か

いくら友達がいなくてもインターネットさえ繋げられればGoogle先生という大変博識なウェブサイトが使えます。
いくら消費したか数えるのも無駄なカロリーを考えずに数秒でタイピング、「床オナ」
とりあえず王道で以下のページを参考にしてみます。
ニコニコ大百科 床オナニー
ここにあることを以下にまとめてみます。

床や布団にこすりつけるという行為が伴って、その自慰は「床オナニー」と定義される。
・通常の自慰より強い刺激が与えられるため、現実の膣内射精に支障をきたす恐れがある。
・過度な擦りつけが本来の性行為の刺激を凌駕するため勃起していなくても達する事が可能
医者にやめろと言われるらしい。

なんだか危険な香りがしますね。
毒を持ったイカの匂いです。
ここで定義付けはおおまかに済みました。

如何にして行われるか

こちらをご覧下さい。
緊急!! 医療現場で懸念されている床オナとは?
ここのサイトは漫画で説明されていてとてもわかりやすいので一読推奨です。
これによるとやり方としては、自重をかけるとありますから、うつ伏せに寝っ転がった時に床と自分の陰茎が擦れることに快感を得る、という認識に間違いはないでしょう。
男子諸賢ならわかるかと思いますが、なんか気持ちいいです。
しかしそこから行為に至ったことはありませんでした。

人間なんでも経験ですから、やってみます。

実践

というわけで賢者タイムです。
本気出せば世界征服でもできそうなテンションでこの記事をタイピングしていますが、とりあえず先述の漫画にあった通りの方法で床オナニーをしてみました。

まぁね、そのね、



痛いです。

そりゃあ擦れるわ当たり前だと。
この調子で毎日抜こうものなら尿道が血反吐を吐いてもおかしくない、血路でのオナニーですかこれは。
日常のサイクルに組み込める至福のひとときにここまで苦痛を付加してよいものか。
しかしこれが好きだという人もいることでしょう。

実際こう擦り付けることで最初に列挙した危険な状況に陥りやすいわけで、セックスレスや子供に恵まれなかったりと色々シャレにならんことになります。
しかしこれは手でする際に強く握ってやるのも同義であるそうです。
ようするに、自慰行為の段階で強烈な束縛は求めるな、ということだと結論づけられます。

まとめ

とにかくしちゃダメなやつだということがわかりました。
最初から魔法研究院に内定がもらえている方々には関係のない話ですが、性行為自体に生産性を感じなくなる可能性があります。
それと手だったらいいかとなった時に力強く握ってするのも本末転倒であるということです。

なにごともしすぎは良くありません。
勉強しすぎても死なないと言われますが、屁理屈こねるなら科挙(注)の試験中に発狂死した事例があります。
とにかく節度を守って、童貞は身分をわきまえて一人で空を仰ぎながら利き手を動かしましょう。

今日はこのへんで。
それではバイビー


注…科挙
人類史上おそらく最大規模の国家試験。
古代中国王朝の隋の時代に始められ、清代までじつに長く続いた官吏登用試験である。
宋の時代には殿試を呼ばれる皇帝直々による面接も追加された。
しかしこの試験、倍率が3000倍にも登ると言われており、普通に何十、何百万人と落第する。
四浪、五浪も当たり前のことであり、挫折が現実的な手段であるとも言えた。
科挙に落ちすぎて神からのお告げが聞こえちゃったから太平天国作ったマン洪秀全など、科挙に落ちていろいろキレ出した人物はわりと多い。
スポンサーサイト



[ 2015/09/05 23:42 ] 雑談的な記事 雑記・評論 | TB(-) | CM(2)

うんちの妖精 ~それでいいのか北海道~

どもんす、やっしーです。
いろいろ書いてたのにさっそく勝手にブラウザ閉じるバグ(注1)で消えてあまりの苛立ちにティッシュボックスを破壊しました。
久しぶりのブログ更新だというのに出鼻くじかれました。新保守主義のせいです、サッチャーめ。
左手でコバエを殺戮しながら、一行ごとに保存する沼をやっております。

さて、今朝の道新でSEALDsとかいう若者の左翼団体のデモよりも気になった話題があります。
それが上川の当麻町(注2)のイメージとして作られる妖精の記事です。
妖精!?と聞くと普通はティンカーベルからトゲキッスまでいろいろ浮かべるかと思います。
しかし早い話がこの妖精、うんちであります。
古今東西、老若男女が年を問わず好きな言葉、うんち
それがモチーフと来たもんだからこれはもうポケモンでいうミュウですね。

1441026860265.jpg

こちらです。
「うんちは堆肥の~」とか良さそうな御宅を並べてはいますが、所詮はうんち、排泄物です。
運にちなみ、うんちをモチーフにしたキモカワな容姿だとあります。
大便の妖精です。
便意を起こさせるような力を持ってそうですね、どっかのペンギン(注3)みたいです。

なんとこちら、木像として制作して鍾乳洞などに配置するとあります。
ただでさえアブだらけで行きたくもない鍾乳洞にこれがあったら観光客はそこに何を馳せるでしょうか。
注目を集めるための苦肉の策と思われるので取り上げたまででありますので、よろしければ北海道は札幌だけではない(注4)ということを念頭にぜひ、上川や旭川まできてはいかがでしょうか。

以上ステマでした。
それではバイビー

注1…バグ
かれこれ4年越しの我が愛機のVAIOノートもついに魂を宿してグレ始めたのである。
これを喜べるようなものなら撫でたいところであるがそうもいかない。

注2…当麻町
ただでさえ何もなくローソンが突然潰れる上川であるが、当麻には素敵なキャンプハウスがある。
小学生の頃の筆者はここでセミのアツアツ生着替え(羽化)を見ることができた。
一生の思い出である。

注3…どっかのペンギン
『よんでますよ、アザゼルさん』のベルゼブブを参照されたい。

注4…北海道は札幌だけではない
なんと北海道は広い
[ 2015/08/31 22:38 ] 雑談的な記事 雑記・評論 | TB(-) | CM(0)

すき家の美学を浅く語る

どもんす。
京都に来てから最寄りのすき家を愛用しています。
北海道にいた頃はそこまで馴染みが深くなかった、というかそもそも牛丼屋自体に馴染みがなかったですね。
ある意味新鮮な中ですき家に入って、最初に覚えた衝撃。

「並盛り安っ」

安くないですか?
貧困な学生生活を終えて変わらず貧困な下宿生活をしているわけですが、学食の安さに衝撃を覚えて感覚が麻痺していたのにも関わらずの感銘でした。
4日に一辺とかのご褒美的なサムシングで食べに行けるだけで幸せだなぁと考えるようになったわけです。

3月とかはほぼ毎日お料理してあたかも女子力が高いかのように錯覚していましたが、実際一人暮らしを初めてぶち当たった現実が「なんもしたくねぇ」という倦怠感。
大学で講義受けて、帰ってきて、もう眠いんですよ。
ほらね、なにも始まらないんです。
これにバイトが加わったらどうなっちゃうんですかね、私。
木っ端微塵にでもなりそうです(注1)

すき家の話に戻ります。
まず普通の牛丼、それにチーズを盛り合わせたもの、キムチ乗せたもの……いろいろありますね。
レシートの計算上は、規定のサイズの牛丼+トッピングという概算になっている模様。
牛丼にとどまらず豚丼(注2)やカレーもありますね、堪能しきってはいませんが。
そして基本的に安い……気がします。
豚丼はなぜかしっかりトッピングしても安くて、特にごまだれがオススメですね。

店内に入ると独特の牛丼屋の雰囲気(注3)
「すきです♪す~きでぇ~すぅ~♪」みたいなメッセージ性の皆無なテーマソングが流れています。
感じてください、すき家に来たんだな……というこの臨場感を。
そこであなたはなにを注文しますか?
それともいくら待っても水を店員が持ってこないから必然的に注文のチャンスが減りますか?
さて、あなたのホーム店(注4)は如何に。

食券形式のなか卯や松屋とは別に、すき家は吉野家と同様に直接注文が必要になります。
機械で買ったシートをレジに出すだけではなく、意見を呈するというコミュニケーションが必要なわけであって、その点少しほかの牛丼チェーンよりもハードルが高いように感じられます。
店内の状況によってはもてなしのお冷がなかなか来ないかもしれません。
そのタイミングでさっと注文できるようにさきに自分のお気に入りメニューを選んでおくといいでしょう。

以上、にわかすき家クラスタの思うことでした。
それではバイビー

注1…木っ端微塵にでもなりそうです。
そんなわけはない。

注2…豚丼
すき家のメニュー表記および会計時の読み上げ曰く、「ぶたどん」ではなく「とんどん」と読んでいる。
何故?

注3…独特の牛丼屋の雰囲気
わかる人にはわかるかと。

注4…ホーム店
太鼓の達人で言うホーム台と同義。
家の近くにある店のことを指す。
[ 2015/06/13 23:55 ] 雑談的な記事 雑記・評論 | TB(-) | CM(0)

【やっしークソコラグランプリ】 表彰式 後編

どもんす、それなりにツイ減成功したやっし→です。
FF外では相変わらず嫌われております。
今日もクソコラグランプリの評価をしていきたいと思います。
こちらも非常に教育衛生上よろしくない画像がてんこ盛りなので、関係者以外は見ないほうがいいと思います。
それでは行ってみましょう!!

※一部削除させてもらってるのもあります。怒らないでください。
[ 2015/05/19 23:27 ] 雑談的な記事 雑記・評論 | TB(-) | CM(0)

【やっしークソコラグランプリ】 表彰式 前編

どもんす、Twitterではお騒がせしてるやっし→です。
本当にキチツイとRTだらけですみません。一部の人に申し訳なくなったのでポスト数を極限まで削りたいと思います。
でもツイ禁なんて失敗例しか聞かないのでとりあえずは200ポスト以内を目指します。
最高で1000ポストなので5分の1……なんて話は置いといて、以前Twitterでなんか盛り上がってもらった「#やっしークソコラグランプリ」でせっかくなので評価していきたいと思います。


やっし→アイコン元帥
こんな画像を使ったクソコラを競う(?)グランプリです。

とくに賞品とかありません。しかも匿名で掲載します。
あと冷静に解説するのであくまでもハイライトとしてご覧下さい。
では行きましょう、続きを見るをクリック!

ちなみに集まった枚数がかなりのものなので2パートに分けて掲載します。
質問、文句、意見がありましたらこの記事のコメント欄にてどうぞ。

※多数の画像が教育上よろしくないため、無関係の方は見ないことをオススメします。
[ 2015/05/18 22:39 ] 雑談的な記事 雑記・評論 | TB(-) | CM(0)