【移転記事】 【憤りを綴る】実写​篇

っす、やっし→です。
今日も怒りをぶちまけます。
以下の記事に対して賛否両論あるかと思いますので、異論は全然認めます。



青鬼、実写化!!

まぁみなさんご存知の通り、某有名ホラーゲーム『青鬼』が実写映画になってるわけで、大通ゲオディノスのディノスシネマにて上映するため旗が立っているような大盛況。

一応原作の全バージョンはプレイ済みですが、青いどーもくんフワッティーが出てくる奴が一番面白かったですね。
映画にも出せばいいと思いますよ。

フリーのホラーゲームとして『青鬼』が世に出て、『阿部鬼』『ポケ鬼』とアレンジされ、漫画版ひぐらし鬼隠し編等を描いている鈴羅木かりん氏が挿し絵を担当する小説が出版され、遂には実写映画に…。
もの凄い出世ルートです。
『魔女の家』にももっともっとメディアミックスしてもらいたいと思う今日この頃。

OVAとかでアニメになるのかな、とか思ってたら実写映画ですよ。
衝撃のなんの、実写に驚いた。


待てよ…?


我々向けのアニメなりゲームなり実写化するだろ…?


それが、



成功した試しがあるかいな!!


元々、俗っぽい話だったり恋愛物だったりするとその手の漫画は実写化が容易(モテキ等)なわけですが、浮世離れした世界観が特徴的な作品実写化はもうアウトです。
いくら日本の映像技術を活かしても難しすぎます。

それでも『20世紀少年』の実写化はなかなかの名作に仕上がっていたので一概には言えません。

しかし私が言いたいのは、その実写化の対象が誰向けなのかということ。
青鬼はどうですか。
フリーのホラーゲーム、ボルゾイ企画の実況、ノベライズの仕方、…どう考えても我々向けです。
他の例
・はがない(剛力彩芽が登場)
・黒執事(剛力彩芽が登場)


そして、もうひとつ喝を私は入れたい。


アイドルを乱用するな!!


実写版『青鬼』の主演はなんとAKBであります。
なんだこの仕組まれたゲームは。
青鬼は果たして秋●康に良いように宣材として使われてしまうのでしょうか…。
他の失敗例
・もしドラ(AKBが主演)


青鬼の実写化が、よくある実写化のオチにならないように祈るばかりであります。


個人的に面白かったサブカル実写化
・20世紀少年
・宇宙兄弟
・ルーキーズ
・クローズ
・バイオハザード
etc…

ハズレだった(と思われる)サブカル実写化
・黒執事
・るろうに剣心
・もしドラ
・はがない
・男子高校生の日常
etc…


持論ですが、二次元の人間的ハイスペック三次元の人間的ハイスペックは等式に出来ません。
似せようとするから失敗するのですよ。
スポンサーサイト



[ 2014/07/31 10:29 ] 雑談的な記事 憤りを綴る | TB(0) | CM(0)

【移転記事】 『魔女の家』プレイルポ

※クリア済みですがネタバレはしてません。あくまでもどういうゲームかという紹介であります。


ども、やっし→ですよ。
ふみー氏の作られた有名なフリーゲーム『魔女の家』をクリア致しました。
元々これの実況を企画してましたが、PCのスペック等の都合で続行を断念して、普通にシナリオを進めました。
やってみるととても面白く、そして難しい!!
ゼル伝を一通りこなして「解けない謎解きは無いぜ!!」と豪語していた私は普通に詰みました。
これだけ楽しませてもらっても無料というのが感動したので、この記事を書いた次第であります。
[ 2014/07/30 22:14 ] ゲームルポ | TB(0) | CM(0)